2019.12.10 on sale

 

シンフォニック・トロンボーン The Symphonic Trombone

 

オラフ・オット(トロンボーン)徳岡めぐみ(オルガン)

Olaf Ott, trombone Megumi Tokuoka, organ

進化する伝統 ジャーマン・トロンボーンの響きここにあり

オーケストラの中でもひときわ大きなサウンドを誇るトロンボーンと、「管楽器の王様」オルガン。2人の名手が共鳴し、綿密かつ大胆に作り出す響きは、まさにシンフォニック。数少ないこの編成のためのオリジナル作品から教会音楽、バロック音楽まで、ベルリン・フィル首席トロンボーン奏者20年を迎えたオラフ・オットが、満を持して放つ自信作。

AMAZON  TOWER RECORDS  HMV  diskUNION

 

TRACKS

 1 A. ギルマン:交響的断章 [7:33]

Alexandre Guilmant (1837-1911) Morceau Symphonique, op.88 (1902)  [Arr. John Klemens Schnorr]

 

 

 2 E. v. コック:トロンボニア [8:32]

Erland von Koch (1910-2009) Trombonia (1983)

 

 

 3 G. ハーン:十人の乙女のたとえ [6:09]

Gunnar Hahn (1908-2001) Himmelriket Liknas Vid Tio Jungfrur (1979)

 

 

   G. F. ヘンデル:協奏曲 へ短調

Georg Friedrich Händel (1685-1759) Concerto in F minor, HWV287 (1704-05)

 4 I. Grave [2:42]

 5 II. Allegro [2:05]

 6 III. Sarabande [1:54]

 7 IV. Allegro [2:13]

 

 

   A. ヴィヴァルディ:ソナタ第1番 変ロ長調

Antonio Vivaldi (1678-1741) Sonata No.1 in B-flat major, RV47 (1720)

 8 I. Largo [2:22]

 9 II. Allegro [2:28]

10 III. Andante [1:54]

11 IV. Allegro [1:32]

 

 

   B. マルチェッロ:ソナタ第4番 ト短調

Benedetto Marcello (1686-1739) Sonata No.4 in G minor, op.1-4 (1732)

12 I. Adagio [1:14]

13 II. Allegro [2:59]

14 III. Largo [1:43]

15 IV. Allegro [1:34]

 

 

16 B. クロル:シンフォニア・サクラ《イエス、わが喜び》 [7:57]

Bernhard Krol (1920-2013) Sinfonia Sacra “Jesu, meine Freude”, op.56 (1973)

 

 

17 A. ヴィヴァルディ:ラルゴ~《協奏曲 ハ長調》より~ [3:27]

Antonio Vivaldi Largo from “Concerto in C major, RV443” (1728-29)

 

Total playing time [59:00] DXD Recording

         

 

【価格】¥2,800- +tax

【品番・レーベル】NIKU-9024(299 CLASSICS)

【JAN】4573470 770248

【製造・発売元】Recording Laboratory, LLC.

【販売元】東武トレーディング

 

 

オラフ・オット(トロンボーン) Olaf Ott, trombone

 

 1963年ドルトムント生まれ。ヴェストファーレン・リッペ音楽大学ドルトムント校(現デトモルト音楽大学)にてハインツ・クリッケ教授に師事。1983年西ドイツ青少年音楽祭で優勝。1985年デュイスブルク交響楽団首席トロンボーン奏者(ライン・ドイツ・オペラ兼任)、1989-1994年ベルリン放送交響楽団(現ベルリン・ドイツ交響楽団)首席トロンボーン奏者を経て、1994年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、1999年以来、首席トロンボーン奏者を務める。オーケストラやベルリン・フィルハーモニー・ブラス・アンサンブルとしての活動のかたわら、1982年に結成されたトリトン・トロンボーン四重奏団のメンバーとして、1986年ハンガリーのバラチで行われた国際金管室内楽コンクール第1位、1992年東京国際音楽コンクール室内楽第3部門第2位(ベスト・トロンボーン・クァルテット特別賞)受賞。2006年の来日公演はNHKで放送される。現在、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団オーケストラ・アカデミーならびにハンス・アイスラー音楽大学で後進の指導にあたる他、ヨーロッパ、アジアなど世界各地でマスタークラスを開講している。

 

 

徳岡めぐみ(オルガン) Megumi Tokuoka, organ

 

東京藝術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院音楽研究科修了。安宅賞受賞。ドイツ国立ハンブルク音楽大学卒業。オルガンを植田義子、廣野嗣雄、ヴォルフガング・ツェラーの各氏に師事。2001年オランダのアルクマールでのシュニットガー国際オルガンコンクールで優勝、併せて聴衆者賞も獲得する。同年、ハンブルク音楽大学でDAAD賞を受賞し、受賞記念コンサートをハンブルクの聖ヤコビ教会で開催する。2002年北ドイツ放送(NDR)音楽賞国際オルガンコンクールで2位を受賞する。帰国後、各地のコンサートホールや教会などで演奏活動を行うほか、ヨーロッパでもコンサートを行う。近年、能楽やプロジェクション・マッピングとのコラボレーションでコンサートを行うなど、オルガンの新たな可能性を模索している。現在、豊田市コンサートホール・オルガニスト、東京藝術大学非常勤講師、東京音楽大学非常勤講師、片倉キリストの教会オルガニスト、国際基督教大学オルガニスト。

Copyright © 2015 -    Recording Laboratory, LLC. All Right Reserved.